撮影ノート

フォト種名検索

編集

コオニヤンマオス

撮影
2006/9/24
しまりん
2


NagP03461 (作成日:9/24/2006, 更新日:10/19/2015)

地図データ入力

撮影者コメント

これまでの観察例は6〜7月が多く、この時期に観察されたのは初めてかもしれません。初夏に撮影された個体は黄色が鮮やかですが、この個体は黄色だった部分が薄緑です。これが成熟したオスの色、ということでしょうか?

多気 ( 9/26/2006)

コオニ、この時期になってもまだいるんですね。サナエの仲間は成熟してくると黄色の部分がくすんできたり、多少グリーンがかかるものが多いから、この種も例外ではなそうですね。

しまりん ( 9/26/2006)

コオニは初夏のトンボで黒に黄色の縞々だとばかり思っていたので、最初はピンときませんでした。形を見れば、いかにもコオニなのですが、色が違うとかなり印象が違いますね。長池公園外ですが、同じ日「せせらぎ緑道」にメスもいました。メスは黄色かったです。

この写真へのコメント が有れば、ご記入下さい。(メールアドレスは公開されませんが、必ず入れて下さい。)

お名前
e-mail
コメント
画像ファイル名
編集パスワード


<a href="http://biodb.i.hosei.ac.jp/nagaike/FMPro?-db=nagphoto.fp5&-format=photopage.html&-lay=all&NagP=NagP03461&-find" target="_bank"><img src="http://biodb.i.hosei.ac.jp/nagaike/Photo/NagP/NagP034/i/060924185046.jpg" alt="" border="0"></a>

生き物図鑑勉強会