生き物検索

編集

図鑑索引

オオマツヨイグサ
学名:
Oenothera glazioviana Micheli

植物双子葉植物綱フトモモ目アカバナ科

Nag00745 (更新日:5/19/2017) 第一報告者:木原 章, 6/25/2002

解説

7月から9月にかけて夜に開花し、蛾によって花粉が運ばれる。
2年草で、原産地は明らかではないが、日本へは明治の始めに渡来したと言われる。

メマツヨイグサとよく似ているが、本種の茎に一面に生える毛は、基部が赤くなるので区別できる。

フォトデータ一覧
オオマツヨイグサ
(木原 章 , 6/25/2002)
オオマツヨイグサ
(川端恒夫 , 7/25/2002)
オオマツヨイグサ
(木原 章, 7/30/2005)

追加情報をご記入下さい(パスワード必要)

お名前 e-mail
発見日時 (発見情報のみ利用)

画像ファイル名
編集パスワード


<a href="http://biodb.i.hosei.ac.jp/nagaike/FMPro?-DB=NagName.fp5&-lay=all&-Format=Namepage.html&NagID=Nag00745&-Find" target="_blank">オオマツヨイグサ</a>

生き物図鑑勉強会